入れ歯で食べることに抵抗がある、または単

入れ歯で食べることに抵抗がある、または単純に入れ歯は嫌という方には適用されるのがインプラント治療です。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、セラミックなどでできた人工歯をかぶせます。

おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。何よりも見た目の自然さや快適な使用感を求められるなら、何といってもインプラントです。インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、差し歯は利用しようがないということです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方に適用されます。クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口臭を人から指摘されるようになったという件が一部で見られます。

これはなぜでしょうか。一つには、歯茎の合間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。

インプラント治療の終了は義歯が問題なく使えるようになったときですが、その後も歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診に通うのが一般的です。

メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、複数のタイプに分類することができます。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらいしっかりした構造になっています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で治療を始めるのが普通ですから患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。それから、治療後には、メンテナンスを継続することによってより快適に、長期間使えるようになるのです。インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。

最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。

でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、噛んでいるとグラグラしてしまうなどの事例もあります。これは担当歯科医の技量の低さが要因となっています。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部を支えとして残すことができれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を適用する可能性があります。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。

実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに幅があるのが普通です。

保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。

入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。しかし、この治療法も決して万能ではなく、難点もあるということに気を付けてください。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

これは重要な事実です。インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうことがあります。

この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが不安なく進めていけるでしょう。インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。鎮痛剤を飲んで、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。

インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療費が高額になることは問題点です。

インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるとされています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、他の自分の歯と同じように、ケアが行き届かなければインプラントの維持が難しくなってしまうという押さえが必要です。少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

残念ながら、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。

医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。

インプラント治療を始める前に、費用を調べておきましょう。

この治療は治療費を確保してから始めなければなりません。健康保険が使えることもまれにありますが、その条件はとても厳しいのです。

ほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。現状では最低線が十数万円、困難な治療が含まれると費用が数倍にもなる可能性があることを肝に銘じておかなければなりません。

虫歯がかなり悪化して、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。

費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

麻酔をかけて人工歯根を埋め込み、その周辺組織が腫れて熱を持ったため周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間が経つにつれておさまってくるケースが多いです。

しかし、他の原因から生じることもあるので、治療中に異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは人工物を入れられた違和感を感じています。

数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないように我慢あるのみです。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。誰でもインプラント治療ができるわけではありません。

その大きな原因は何といっても費用の問題でしょう。保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。また、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかる点も知っておく必要があります。

https://www.watphananchoeng.com/