インプラント治療によって義歯が使えるようにな

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3ステップあると考えてください。まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、不断のケアが求められます。日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールを継続した上で定期的な検診を欠かさず継続する必要はずっと続きます。人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクはもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなく骨の中にインプラントが埋まらなければ同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を大きく削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。

どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたがこのような場合、インプラントにもできますと説明され自分の気持ちが固まりました。ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

インプラントで噛むようになり、しばらくして虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでこれで良かったと実感しています。

「インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば冠状の義歯としてクラウンをかぶせる治療ができます。しかし、根から抜いた場合は入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。インプラント治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、多くの場合、セラミックが使用されています。

プラスチックの差し歯と比べると、硬くて劣化しにくい特長がありますが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

人工歯の製作には、高い技術と美的センスが要求される作業です。いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。

ろくに歯磨きもしないでいると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、それだけインプラントの使用可能年数も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。年々進化を続けるインプラントの技術。近頃では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。

酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくなど、問題となる不具合が報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。

高い技量を持つ歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

いろいろな事情からインプラント治療を始めるでしょうが、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。

実際のところ、費用の総額は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。

皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られると考えていいようです。とすれば、普段のメンテナンス次第でかなり長い間保たせることができますが、ひとたびケアを怠れば維持できなくなる異常も起こりうると考えなければなりません。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。地域によってかなり料金は異なります。また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費は相当変わってくるので、治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。

ここで重視すべきなのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

何と言っても費用がかさむので、一括払いだけのところは少なく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、どのようにして歯科医と歯科医院を決めるかです。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。また、それに加えて、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。当然、歯が全く残っていない状態では、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の費用が負担となる方も決して少なくありません。そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、例えば、デンタルローンと呼ばれるような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。現金で費用を一括払いする必要なく、治療を始めることは実現できるようになりました。どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるということも考えていきましょう。

インプラントに関しては、北欧諸国が技術的に優れており、世界中の歯科医が研修を受けています。

一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、できるだけ幅広く情報収集するしかありません。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が次のステップに進むための条件です。周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が相当の妨げになります。

インプラント治療を順調に終えようとするなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。

年々利用者が増えてきたインプラント。その施術とは、プラント(植える)という言葉のごとく、顎骨に穴を開けて、人工の歯根を埋め込み、義歯を装着するというものです。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの極めて高い医療スキルが物を言うといわれています。それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費を覚悟しましょう。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、インプラントの利用が不可能と診断される場合があることに留意してください。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその費用もみておかなければなりません。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。

定期検診を受ける費用は基本的に保険が適用されるのでたいていは三千円程度に収まります。

従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。

インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

ですから、見た目を考えればブリッジよりインプラントの方が高い評価を得るでしょう。

加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる辛さもあるのです。

残念ながら、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、ただし、問題なく医療費控除を受けられます。手間はかかりますが、年一回の確定申告によってすでに収めた税金を取り戻す申告をします。確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることを忘れないでください。

さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんもリスクを背負っています。もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないのできちんと歯科医に相談することが大事です。インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。日常生活では力をかけないように努め、明らかに負荷がかかるレベルの運動は当分控えてください。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

運動を習慣にしている方の場合は再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。

骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。

インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、検査を一通り行い、治療方針を決めてから治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。

一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを継続することによって安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代用となる人工歯づくりを指します。インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療による危険性を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可といった口コミがあったかもしれません。それは気にしないでください。確かに、MRI検査では磁気を使うので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントには主にチタンが使われており、チタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行う特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染の心配はあるものです。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ内で述べている歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。

このWebサイト